食物繊維はどんな食べ物に多く含まれているの?

食物繊維が多く摂取できる食べ物とは?

 

食物繊維が体に良いことは理解できても、どのようにして摂取すればいいのかについては分かっていない人も多いのではないでしょうか。食物繊維はどのような食べ物に多く含まれているのでしょうか。

 

食物繊維が多く含まれているのは、基本的には植物だと考えていいでしょう。

 

野菜や海藻、キノコなどをしっかりと食べれば、食物繊維の摂取量は増加するといっていいでしょう。

 

ただ、食物繊維には腸内で膨らむタイプのものと、善玉菌の栄養分になるタイプのものがあります。
便秘解消のためには片方だけではなく、両方を摂取する必要があるのです。

 

不溶性食物繊維が多く含まれている食べ物

腸内で膨らむタイプの食物繊維はシソやグリンピース、モロヘイヤ、枝豆、芽キャベツ、オクラ、そら豆、ニラ、ゴボウ、ラズベリー、アボガドなどです。これらを積極的に摂取することで腸壁が刺激され、動きが良くなってくれるのです。

 

水溶性食物繊維が多く含まれている食べ物

善玉菌の栄養素となってくれるタイプの食物繊維はエシャロットやニンニク、ユリネ、ゴボウ、納豆、キンカンなどに多く含まれています。これらを積極的に摂取すれば善玉菌が増え、腸内環境を良化してくれるのです。特に、両方のタイプの食物繊維が多く含まれているゴボウは、便秘解消に効果的な食べ物だといっていいでしょう。

 

便秘や腸内環境を乱すに原因となっている食べ物

逆に食物繊維が全くといっていいほど含まれていないのは、肉類や魚介類です。お菓子も含まれているものはほとんどありません。日本人の食生活が肉食化したといわれて久しいですが、これが便秘の増加の一因になっているといえそうです。