食物繊維は便秘解消に効果あり!正しい摂取法でより大きな効果を

食物繊維を正しく摂取して、効果を得よう!

 

便秘がなかなか治らないという悩みを抱えている人は、意外と多いのではないでしょうか。そんなあなたにひとつ、聞いておきたいことがあります。もしかすると、便秘に効果的な食べ物の摂取が不足しているのではないでしょうか。それは、食物繊維を含んでいる食べ物なのです。

 

食物繊維が不足している日本人

 

人間の場合、食物繊維は摂取しても体に吸収されませんので、かつては栄養分として重視されていませんでした。しかし、体に吸収されなくても体にいろいろな良い影響を与えていることが分かってきたため、最近では重視されるようになっています。そのうちのひとつが、便秘を解消してくれることなのです。
問題は、日本人はこの食物繊維の摂取が不足しているということです。食物繊維の目標摂取量は、男性で19グラム、女性で17グラムとされています。ところが、日本人の食物繊維摂取量の平均は、14グラムにすぎないのです。つまり、日本人の食生活は便秘になりやすいものだといっても過言ではないのです。

 

食物繊維の働きその1・腸を刺激してくれる

 

では、食物繊維はどのような働きをすることで便秘解消に役立っているのでしょうか。
食物繊維の中には、消化器内で水分を吸収して膨らんでくれるタイプのものがあります。これによって腸壁が刺激され、腸の働きが活発になるのです。

 

便秘の原因のひとつは、腸内の悪玉菌などが原因で腸の動きが悪くなっていることです。動きが悪くなれば腸内で食べ物がうまく運ばれなくなり、便として排出されにくくなってしまいます。

 

食物繊維によって腸の動きを良化させれば、食べ物が腸内で動きやすくなり、便秘解消に役立つというわけです。

 

食物繊維の働きその2・善玉菌を増やしてくれる

 

食物繊維のもうひとつの役割は、腸内で善玉菌の栄養分となり、数を増やしてくれることです。

 

腸内にはいろいろな菌が住んでおり、体に良い影響を与える善玉菌と、悪い影響を与える悪玉菌がいます。上にも書きましたように、悪玉菌は腸の働きを悪くしてしまい、便秘の原因を作ってしまいます。

 

善玉菌は、この悪玉菌を退治してくれるのですが、数が少なければ十分な働きができません。食物繊維がこの善玉菌の栄養分となることで数を増やし、悪玉菌を退治する力を高めます。これによって腸の動きが良くなり、便秘を解消してくれるのです。

 

食物繊維はこのように、便秘を解消してくれる働きがあるのです。便秘解消は美肌にもダイエットにも効果を発揮しますので、食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。